ほしのまき

FB や Tw では流れてしまうので、ためておきたいことをここに書きます。

美しい声

1年前の年の瀬のこと。

年忘れの集りに呼んでもらった。隠れ家のようなお店。

私たちのグループがだいぶ盛り上がって来た頃、

もう一団、お客さんが入って来た。

 

スタイルのいい女の人だなあ。

 

と思ったら、

テレビをほとんど見ない、疎い私でも知っている女優さんだ。

美容院で読んだ雑誌にインタビューが載ってたな。

子育てもしていて、舞台を中心に頑張ってる様子が

飾らない雰囲気で、好印象だった。

 

お店もこじんまりしているし

みんなわきまえているお客さん達で、

ちらっとその女優さんを見て、互いにちょっと目配せし合った後は

普通に振る舞おうとしていた。

 

お仲間と、楽しそうにおしゃべりを始める女優さん。

聞くとはなしに、耳に入ってしまう。

 

話の内容は分からないけれど、その声が。

美しい。

 

「鈴のような」という表現があるけれど、

こういう声のことをいうのだ、と初めて知った。

 

声がいいときくと、歌声のイメージしかなかったけれど

仲間うちの話し声がこれだけ美しく隣のテーブルに届くかたって、

あるんですね。

 

私たちはしばらくして先に出たので

その女優さんと同じお店に居合わせたのは30分ほど。

それでも、1年もたった今でも、

あの声のことも、耳にしたときの「わあっ」と感じた気持ちも

ありありと思い出す。

 

いつかこのことを書こうと思い続けたほど、

心に残った。

 

人の美しさっていろいろあるけれど

「声」を意識した、初めての経験でした。

広告を非表示にする